衝撃の事実! 恐ろしき怪物メデューサは、実は美しき女神さまだった【モンスターレビュー第40回】

モンスターレビュー

今回はもしかしたらもっとも有名な女の子モンスターかもしれません!
姿かたち、能力、誕生秘話、すべてが恐ろしい怪物です。
しかし彼女、実は古代においては主女神の1人にして大地の女神さまだったのですよ。
何故こんな恐ろしい化け物に変わってしまったのでしょうか?

モンスターレビュー第40回目は血も凍る怪物メデューサです

メデューサはご存知でしょう。
髪の毛が生きた蛇で顔を見た者は石になってしまう、なんとも恐ろしい怪物です。
かなり有名なモンスターですから、みなさんも一度は戦ったご経験がおありだと思います。

しかし彼女のことを調べていたら衝撃の歴史が判明しました。
彼女はなんと、あのゼウスよりも古い女神だったのです。

なぜメデューサは邪悪で醜悪な怪物へと変化したのでしょうか。
きっとみなさんの創作の糧になるかと思います。
是非最後までお読みいただけると幸いです。

そもそもメデューサとはなんぞや?


メデューサとはギリシャ神話に登場する、生きた蛇の髪、猪のような大きな牙、青銅のような鱗の皮膚、真鍮の羽を持つ女の子モンスターです。
彼女の顔は恐ろしく、見た者は血も凍り石となってしまいます。
石化モンスターの代名詞的な存在です。

見た者を石に変える瞳の魔力。
当初は「恐ろしい姿に石のように固まってしまう」という解釈だったようです。
現在ではみなさんご承知のように、ゲームやマンガの都合も相まって「石化」とされていますね。
「血も凍らせる恐怖」というイメージから「石化」へと変化したのかもしれません。

ギリシャ神話全体についてはこちらの記事からどうぞ!
【ザ・神話オブ神話】5分でわかるギリシャ神話の世界【サーガレビュー第1回】



アテナの怒りによって怪物にされた


元は美しい人間の娘でした。
ところがある時その美しさを自慢する際に「戦の女神」アテナを引き合いに出してしまいました。
「私の金髪は女神アテナよりも美しい」
これに怒ったアテナにより、メデューサは髪を蛇に変えられ、前述したような怪物へと貶められてしまったのです。

<関連記事>
苛烈なり戦女神!アテナは戦争よりも女に厳しい【ヒロインレビュー第3回】

この事に抗議したのがメデューサの二人の姉ステンノエウリュアレーでした。
当然ですよね。
妹を怪物にされて怒るのはわかります。
なのでアテナはこの二人の姉もメデューサと同じ怪物に変えてしまいました。
鬼畜か!

ちなみにステンノとは「強い女
エウリュアレーは「遠くに飛ぶ女
メデューサは「女王」という意味があります。
何が言いたいのかはよくわかりませんが、彼女たちを称して「ゴルゴン三姉妹」と言います。

さらに別の要素として、海神ポセイドンとメデューサは恋仲となり、ある場所でイチャついていたそうです。
その場所がアテナ神殿内でした。
アテナは生涯独身を貫いた処女神でもありました。
そうしたことを考えると腸煮えくり返ったとしてもおかしくない。
さらに元々アテナとポセイドンはアテナイの街を賭けてひと悶着あった間柄。
このような事情が重なり、アテナのメデューサに対する仕打ちは苛烈を極めるのです。
<関連記事>
【ポセイドン】数多の有名怪物を生んだ元凶【ヒーローレビュー第5回】




月額968円からの高速LiteSpeed採用クラウド型レンタルサーバー

英雄ペルセウスに討伐された

旅立ち

ペルセウスの母ダナエは元々はアルゴスという国の王女でした。
今は放逐され、息子と二人でセリポス島に住んでいます。
この島の領主はポリュデクスと言って、美しいダナエをなんとか手に入れたいと思っていました。
しかしそのためにはペルセウスの存在が邪魔です。
そこで権力にものを言わせて、貢物(馬らしい)を持ってくるか、でなければメデューサを退治してこいと無理難題を押し付けます。
やむなくメデューサ討伐の旅に出るペルセウスでしたが、彼には心強い後ろ楯がありました。
実は父は全能の神ゼウスで、英雄大好きアテナに手助けをするよう指示したのです。

アテナの助言


英雄が大好きなアテナ。
なかでも一番の推しのペルセウスには助力を惜しみません。
他の神々にも声をかけ、全身マジックアイテムでフル装備させてあげます。
しかもメデューサ退治の攻略法まで伝授する始末。
曰く、顔を見ては石となるので、この鏡のように磨き上げた青銅の盾越しに見て首をはねるのです、と。
さらにアテナによるとメデューサの二人の姉、ステンノとエウリュアレーは不死であると。
狙うなら不死ではないメデューサのみを狙うように言われます。

てゆーかそう変えたのはアテナ本人でしょうに。
なぜメデューサだけ不死を与えなかったのでしょうか。
もしかしたら英雄に討たせるところまで目論んでいたのではないか?
それよりも死ぬこともできず怪物として生き続けねばならない姉たちの方が不憫なのかもしれない。

さらに三人の妹

メデューサは普段、世界の西の果て、昼夜の境界にあるヘスペリア」という国の「ヘスペリデスの園」という場所の近くに居ると言われています。

昼夜の境界とは要するに「死者の国」のことでしょう。
ヘスペリアと言えばヘラクレスも訪れたことのある、「黄金の林檎」を守護する怪獣ラドンのいる庭園があるところです。

<関連記事>
怪獣じゃない! 黄金の林檎を守護するラドン【モンスターレビュー第23回】

しかしメデューサは度々街に降りては人々に恐怖を撒き散らしており、実際のところいつもどこにいるのか定かではありません。
そこでペルセウスはゴルゴン三姉妹のさらに妹であるグライアイ三姉妹」の元を訪ねます。

グライアイ三姉妹とは「バムレード」「エニューオー」「デイノー(またはベルソー)」という名の魔女たちです。
彼女らは産まれたときから老婆で、三人でひとつの目と歯を共有しています。
ずばりグライアイの名の意味は「老婆たち」です。

ペルセウスは彼女らを脅迫し、メデューサの居場所を突き止めたのです。
そして首尾よくメデューサの首をはね、追ってくるステンノとエウリュアレーを振り切ると、その首をアテナへと奉納しました。
首は切り離されても石化能力は失くならないため、アテナはその首を自身のアイギスの盾に嵌め込み、石化能力付与の盾として愛用しました。

この逸話は古代の騎士たちにも人気があり、こぞって盾の表面にメデューサの絵柄を描き込んだと言われています。
あの古代マケドニアの英雄アレクサンドロス大王の胸当てにも、メデューサの絵柄が描き込まれていたそうですよ。

また首は魔除けになるとも言われ、建物の彫刻や装飾として施されました。

そして現在はというと、首は今も海底を転がっており、水草を石化してあちこちに珊瑚を作り出していると言われています。
ロマンチックですね。

メデューサの子供たち


首をはねられたメデューサの血だまりから二匹のモンスターが生まれました。
一匹は空駆ける天馬ペガサス
もう一匹は黄金の剣を持つ巨人クリュサオルです。
ペガサスは早速ペルセウスの乗馬となり、帰り道エチオピアを通過する際に海岸線で見かけたアンドロメダ王女を助けることになります。
ちょうど海の魔物ケートスの生け贄に捧げられていたところでした。



ゴルゴンという名の牛の怪物


ところで皆さんはゴルゴン三姉妹と聞いてひとつ気になったことはありませんか?
例えば『ファイナルファンタジーIII』には「ゴルゴン」という名の牛型モンスターが登場します。

ゴルゴンというのはメデューサたちを表しているはずですが、なぜ牛型なのでしょう?

実はアフリカはリビュア(現リビア)では牛型の怪物カトブレパスのことこそゴルゴンと信じられていたのです。
この逸話が広まったのか、レトロなファンタジーゲームなどではゴルゴンの名を冠する牛型モンスターがたびたび登場していました。

ちなみに石化能力はないようですね。

しかしメデューサから逆説的にカトブレパスに石化能力が移植されたようです。
『ファイナルファンタジー』シリーズでは「あくまのひとみ」という石化能力を使います。
<関連記事>
うつむいたまま動かない! カトブレパスは何を見る?【モンスターレビュー第11回】




DMM FXは初心者向け

夫は海神ポセイドン


さて冒頭でお伝えしましたが、メデューサとはゼウスよりも古い時代の女神でした。

それはギリシャの先住民族ペラスゴイ人の信奉する主女神の1人で、ペロポネソス地方コリントスでは大地の女神でした。
そして彼女の夫はポセイドン
歴史的にはポセイドンやメデューサは、ギリシャ神話における全能の神ゼウスよりも古い神様なのです。
しかし国家が滅びれば新しい思想にとって代わられます。
権力の推移によりメデューサはその地位を追われます。
ポセイドンは海神として残りましたが、その愛人扱いとなったメデューサは邪悪な怪物にされ、退治されてしまったのです。

土着の神々が新興勢力によって光の存在から悪魔へと落とされる傾向はこれ以後も世界中に散見されます。

どうでしょう?
英雄こそが悪を生む。
英雄を立てるために、わざわざ悪を用意する。
もし全てがそうであるのなら、なんだかやるせないですよね。

メデューサの出てくる作品

『タイタンの戦い』
特撮の神レイ・ハリーハウゼン監督による1981年製作の映画です。
英雄ペルセウスを題材にしており、ハリーハウゼン最高傑作とも言われるメドゥーサが登場します。
下半身は蛇というラミア要素と弓を射ちます。
2010年にはリメイクされ、こちらにはグライアイ三姉妹も登場しますよ。


『悪魔城ドラキュラ』
第1作目のステージ2のボスはメデューサです。
懐中時計を使い時を止めれば瞬殺できます。
むしろ道中にわく、不規則な軌道で飛び回るメデューサヘッドの方がシリーズ通して難敵です。
『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』
一つ目に無数の蛇がまとわりつく「メドゥーサボール」と、色違いの「ゴーゴンヘッド」がいます。
女の子モンスターには見えません。どちらかというとバグベアード、ビホルダーといった感じですね。

まとめ


いかがだったでしょうか。

超有名女の子モンスターのメデューサですが、実はギリシャ神話成立前は大地の女神様だったのです。

このことを知った時は軽い衝撃を受けました。
と同時に、けっこう神話って根っからの悪党はわりと少ないんじゃなかろうか、などと思ったりもしました。
実際のところ統計を取ったわけではないので測りかねますが、それはこのブログを続けていくことでいずれ実感として沸いてくることではないかと思っております。

そしてさすがのメデューサ。
設定も多く、考えさせる部分もありと、貫禄のモンスター像でしたね。
アテナによる苛烈な仕打ちも神話の書き換えという面の犠牲となった感もあります。

せめてこの記事で美しかった頃を思いやるひとときを提供できればいいなと思います。

みなさんもメデューサを題材に、ぜひ創作力を発揮してみてください。
まだまだ新しいメデューサ、石化能力などを産み出す余地はあると思います。

そのときは是非教えて下さいね。

それではまた!

▼▽ランキング参加中▽▼
クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へにほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

にほんブログ村

オリジナルファンタジー小説を連載しています。

トカゲ族に滅ぼされた三匹のカエル族
日本から転移した7人の少女による冒険戦記。

三匹のカエルと七人の闇堕ち姫

下記小説サイトにて連載中です!
小説家になろう
ノベルアッププラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました