【白い巨人アルビオン】ドーバー海峡を護る巨人【モンスターレビュー第61回】

モンスターレビュー

色素が薄い体質のことをアルビノと言いますよね。

今回ご紹介するのは正にそのアルビノの語源となったラテン語のalboから名付けられた巨人、アルビオンです。

モンスターレビュー第61回は、白い巨人、アルビオンです

アルビオンはご存知ですか?

なんだか耳に馴染みがあるかもしれませんが、ギリシャ神話の白い巨人アルビオンとなると、はて、なんぞや? とお思いになる方がほとんどだと思います。

今回も是非皆さんの創作の参考に、読書やゲームを楽しむ味付けにご活用ください。

アルビオンの登場例

数少ない使用例のひとつとして『真・女神転生III ノクターン』にボス敵として登場します。


3つあるアマラ神殿のひとつ、白い神殿で待ち構える難敵です。
複数の子分を召喚し、倒しても倒してもそれぞれが蘇生回復を担う厄介な相手でした。

ちなみに仲魔にすると初期レベル64の「威霊」でした。

ここで注目すべきは「白い」神殿にいるという事です。




公式特典!初期工事費実質0円!最大41,250円割引!おトクにauひかりをスタートできる!

そもそもアルビオンとはなんぞや?


アルビオンはギリシャ神話に登場する白い巨人のことです。

父は海神ポセイドン、母は海のニンフであるアンピトリテ。

アルビオンの最大の特徴は「白い」という事で、色素の薄い体質を差す「アルビノ」と語源を同じくします。

ヨーロッパのイギリスがあるグレートブリテン島の最も古い名称がアルビオンです。
古代ではあの島はアルビオンと呼ばれていました。
それはフランスからイギリスへと渡るドーバー海峡、イギリスの玄関口とも言えるそのドーバー海峡の沿岸は石灰岩が多く、正に白い断崖が続く事からそう呼ばれました。

白い断崖から白い巨人アルビオンが誕生したのですね。

性格はポセイドンの血を引いていることからとても荒々しく、その性格が災いし、現れた英雄ヘラクレスを通せんぼするなど嫌がらせをした結果、あえなく叩きのめされてしまいましたとさ。



まとめ

いかがだったでしょうか。

ギリシャ神話全体についてはこちらの記事からどうぞ!
【ザ・神話オブ神話】5分でわかるギリシャ神話の世界【サーガレビュー第1回】

要は白い断崖を突破して入植を果たした古代の人々の成果を描いている神話かなと思いました。

要するに擬人化なんですよね。
神話の多くはそういう部分から始まっており、やはり人々はフィクションの力をもって道徳や真理、共通認識を得てここまで進化してきたのかとまで思います。

やっぱり創作は偉大ですよね。

それではまた!

▼▽ランキング参加中▽▼
クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へにほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

にほんブログ村

オリジナルファンタジー小説を連載しています。

トカゲ族に滅ぼされた三匹のカエル族
日本から転移した7人の少女による冒険戦記。

三匹のカエルと七人の闇堕ち姫

下記小説サイトにて連載中です!
小説家になろう
ノベルアッププラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました