天使からの贈り物! 悪魔を統べるソロモンの指輪【アイテムレビュー第3回】

「でっかい神殿建てたいな~」

そう思ったこと、ありませんか?
ありますよね。ボクもあります。

でも重機の免許取りに行くのも大変だし、人を雇うのもお金がかかる。

そんなとき、無償で言うことを聞いてくれて、かつ重機並みのマンパワーを持っている者がいるとしたら。
使ってみたくないですか?
ソロモン王はそれを使ったのですよ。

アイテムレビュー第3回は悪魔を統べるソロモンの指輪

ソロモン王はご存知でしょうか?

紀元前10世紀ごろのイスラエル王国、3代目の王です。
父があのダビデ像で有名なダビデです。
ちなみに数十代子孫にあのイエスがいます。

今回はこの実在したソロモン王についてではなく、彼が天使より賜った指輪について調べてみました。

この記事を読めばあなたもデビルサマナーになれるかもしれません。
最後までお読みいただけると幸いです。

それでは今日も一緒に創作ネタを学んでいきましょう!

 

目次

そもそもソロモンの指輪とはなんぞや?


ソロモン王が悪魔を使役するために使った指輪の事です。

真鍮でできている、ぱっと見は地味で冴えない指輪です。
宝石とか魔石とか精霊石とかそんな曰くのついたものなど何もついてません。

一説によると善い魔神を従えるには「真鍮」、悪い魔神には「」が効くらしいです。

この指輪を嵌めている間はどんなに強力な悪魔も従えますが、一度外してしまうと悪魔に逆襲されてしまいます
一度ソロモン王は魔神アスモデウスに煽られ、この指輪を外してしまい国を乗っ取られたことがあります。
奇跡的に返り咲くことが出来ましたが、それは運が良かっただけです。
それ以後、彼は決して指輪を外さなかったと言います。

どうやって入手したのか?


悪魔を従える指輪です。そこらで買えるものではありません。

ソロモン王はエジプトのファラオの娘を嫁にもらい、結果周辺の外交問題を落ち着かせることに成功、イスラエルに安定をもたらしました。
そのことを神に感謝したソロモンは儀式を行い神に供物を捧げたところ、なんと夢枕に神が降り立ち願いを聞いてくれると言われたのです。

ソロモン王は知恵と知識が欲しいと求めました。

その結果、天使ラジエルから宇宙のあらゆる秘密が天使文字で書かれた「ラジエルの書
天使長ミカエルから後に「ソロモンの指輪」と呼ばれる指輪を授かりました。

もうお分かりですね?
皆さんがこの指輪を手に入れるためにはまず、ファラオの娘をお嫁さんにするところからスタートなのです。

今回は割愛しますが「ラジエルの書」はサファイアで装丁された美しい書物だそうです。
表紙がキラキラして硬そうですよね。
この書で知識を得たソロモン王は、もともと武勇もありましたが内政、外交に秀でた王となりました。

指輪の力を使い魔神を使役することが出来るようになります。
その数72柱
有名な悪魔が全部入ってます

こちらの記事でその悪魔全72体を一挙にご紹介しています。
<関連記事>
【ソロモン72柱の悪魔】初代デビルサマナーが使役した72の悪魔全リスト【モンスターレビュー第66回】

この悪魔を使いソロモン王は、いっぱい魔神に雑事を割りふったらしいです。

あんパン買って来い、的な使い方ですよ。
ほんとに雑事。

どうやって悪魔を召喚するのか

・まず身を清めましょう。
・床に魔法陣を書きましょう。たぶん六芒星的なの。
・呼び出す魔神の名を唱え、称えましょう。
・次いで同等かそれ以上の力を持つ魔神の名を挙げて威嚇しましょう。
・自分に従うよう命令しましょう。
・最後に呪文を唱えましょう。

これで呼び出します。
指輪さえしていれば魔神は渋々でも従います
ここで気後れしたり無駄に威勢を張って指輪を外すと逆襲されます。

ソロモン王はアスモデウスに指輪をに捨てられ国を追い出された経験があります。
しかしが運よく捕った魚の腹から指輪が出てきて国へ戻ることが出来た、というしくじりがありました。

国へ返り咲いたソロモン王はアスモデウスをこき使って神殿を建立しました。
ソロモン神殿と呼ばれ18万人の人出と7年の歳月を費やしたそうです。

けどこの神殿は紀元前6世紀ごろには戦争で破壊されてしまいました。



ソロモンの指輪の出てくる作品

ちょっと思いつきません。
召喚の指輪てきなアイテムならいくらでも存在するのでしょうが。
ソロモンの指輪、と名指しで出てくるものが思いつきません。

こちらは継続して調査したいと思います。

『ソロモンの鍵』
指輪ではないですが、ソロモン王が題材の作品という事で。
レトロゲームですが各機種に移植されています。
主人公はソロモンの鍵という書物を求める魔法使い。
内容は1画面のアクションパズルです。
なかなかにファンの多い作品なので機会があればお試しください。

まとめ

・指輪は実在したイスラエルの王ソロモンが天使ミカエルからもらったもの
・鉄と真鍮でできた地味な指輪である
・72柱の魔神を呼び出し使役できる
・指輪を外してしまうと魔人に逆襲されてしまう危険もはらむ

いかがだったでしょうか。

今回はソロモン王の使っていた指輪にのみ、焦点を当ててみました。
ソロモン王や彼の使役した72柱の悪魔、彼の事が記述された書物『レメゲトン』や『ソロモンの鍵』などについてはまた別の機会に取り上げたいと思います。

記事が膨大な量になってしまいますからね。

「ソロモンの指輪」に匹敵するようなマジックアイテム、皆さんの創作でもどしどし生み出してください。

その時は是非教えてくださいね。
それではまた!

 

amazonの電子書籍サービスkindleなら、手軽にいつでもお探しの本が見つかるかも。
Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド) 30日間無料体験――月額980円(ひと月二冊で元がとれる)200万冊以上が読み放題。お好きな端末で利用可能。

 

ランキング参加中です。
いつも応援していただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へにほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

趣味でオリジナル冒険小説書いてます。
三匹のカエルと七人の闇堕ち姫
小説家になろう
ノベルアッププラス
Twitterで更新報告しています。

目次