【アマゾネス】女だけの戦闘民族【ヴィランレビュー第5回】

ヴィランレビュー

ギリシャ神話から登場する、野蛮な女戦士たちの集団。それがアマゾネス。
どちらかというと未開の地にいるようなイメージを持たれることが多いのではないでしょうか。
でもそれってもしかしたら、その名から密林やアフリカの奥地みたいに連想しているのかもしれませんね。

で、実際のところどうなのか?

今回も皆さまの創作活動やゲームへの没入感の参考になれば幸いです。
ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

そもそもアマゾネスとはなんぞや?


アマゾネス(アマゾンの複数形)は、ギリシャ神話に度々登場する女戦士の集団です。

現在で言うところのトルコ北部からロシア南部、要するに黒海沿岸地域に棲息していたとされます。
他にも北アフリカ周辺など、ギリシャから見て辺境とされる地域にいたようです。

オリュンポス12神のひとり、軍神アレスニンフのハルモニアを祖とする戦闘民族であります。

アマゾネスの語源は弓を引き絞るのに邪魔な乳房を片方切り落としたという事から来ています。
ただしアマゾネスをモチーフとした絵画や彫刻に、乳房を切り落とした作品がほぼ見当たらないようなので、この説はインパクトを狙った後付けという見方も出来ます。
創作で必ずしも片乳にする必要はないということですね。

武芸については特に弓矢に秀でているが、槍や斧を持って戦うことも得意。
完全なる狩猟生活を営んでおり、そのため月と狩猟の処女神アルテミスを信奉している。

部族の維持には男との性交は必須のため、戦で捕虜とした戦士を使ったり、近隣の集落の男たちと交流したりするのだが、時には強引に連れ去ったりもしたようだ。

生まれてきた子供は女の子であれば立派な戦士に養育し、男の子であった場合はさっさと殺してしまうか、奴隷として生涯こき使ったとされる。
ただし多くは短命に終わった。

アマゾネスの有名どころ

有名なアマゾネスの女王を2人ほどご紹介。

ヒッポリュテ

ヘラクレスが行った「12の功業」の9番目に登場したアマゾネスの女王。

ヘラクレスは自らの贖罪のため、難易度の高い試練を12個クリアーしなくてはならなかったのだが、そのチャレンジのひとつがこれ。

アマゾネスの女王ヒッポリュテの腰帯をゲットせよ、というもの。
<関連記事>
超英雄ヘラクレスの生涯を知っていますか?【ヒーローレビュー第1回】
ヘラクレス12の功業については上記の記事も参照されたい。

ヒッポリュテの持つ「アレスの腰帯」という下着を欲したアドメテ姫のため、ヘラクレスはアマゾネスの集落を訪れる。
しかし予想に反して世界最強である英雄の来訪を女王は歓迎してくれた。
ヘラクレスには一目置いており、あまつさえ彼に惚れてしまったのだ。

ということで難なく腰帯をゲットできたのだが、それではヘラクレスを憎む女神ヘラは面白くない。
そこでアマゾネスの戦士たちに「女王がヘラクレスに誘拐されそうだ」と吹聴し襲うよう煽った。
突然襲われたヘラクレスは、これは女王の罠だったのかと勘違いをし、ヒッポリュテを殺し腰帯を奪って逃げたのでした。

ペンテシレイア

ギリシャ神話終盤のトロイア戦争でもアマゾネスは登場しています。

トロイア王国の大将ヘクトルがアキレウスに討ち取られた後、敗色濃厚なトロイア側に味方したのがアマゾネスだ。

トロイアは小アジア(現トルコ周辺)の王国で、黒海沿岸に棲息していたアマゾネスは謂わばご近所。
女王ペンテシレイア率いるアマゾネス軍団の活躍で、トロイアは一時持ち直すことができた。
しかしそのペンテシレイアも結局は英雄アキレウスに討たれてしまう。

ただ殺す直前にペンテシレイアの魅力に気付いたアキレウス。
以後、殺してしまった彼女に恋慕の情を抱き、苦しむこととなった。

<関連記事>
【トロイア戦争終戦】誰も勝者はいない【サーガレビュー第4回】

サウロマタイ


以上のように、アマゾネスはおおむね敵役として登場してばかりですね。
これはひとつに古代ギリシャでは男尊女卑が当然の世界であった事が挙げられます。
女性の活躍をやっかむ気持ちの現れかもしれません。

またアマゾネスは実は乗馬の技術に長けていました。
これはモデルとなったのが紀元前9世紀から紀元前4世紀ごろに猛威を振るった騎馬民族、スキタイの影響です。
スキタイには女性の戦士も活躍しており、それを目撃したギリシャ人が神話の中にアマゾネスという敵役を創出したのでしょう。

歴史家ヘロドトスによる『ヒストリエ』では、後にスキタイを滅ぼす騎馬民族サウロマタイこそ、アマゾネスの子孫であると説いてます。

ギリシャとの戦に敗れ、捕虜として連行されるアマゾネスたち。
しかし船上で反乱を起こし、黒海へと落ち延びます。
その地にはスキタイ人がおり、始め彼らと対立するも、お互いの若者同士が惹かれあい、交流が芽生え、共に東へと流れ行きます。
やがてその若者たちの子孫がサウロマタイとなり、現在で言うところのウクライナ辺りで暴れまわったそうです。

ちなみにスキタイ人の先祖は英雄ヘラクレスであると神話ではなっています。
怪物ラミアとの間にできた子がスキタイを治めたとか。
<関連記事>
不眠不休で誘惑する美女! ラミアは男を惑わす悲しき怪物【モンスターレビュー第18回】

まとめ

・女だけの戦士集団アマゾネスはギリシャ神話に登場
・おおむね英雄の敵役として使われる
・乳房を切り落とした話は後付け設定の可能性あり
・女は戦士に、男は殺すか奴隷

いかがだったでしょうか。

昔はアマゾネスという呼び方が多かったと思いますが、現在ではアマゾン、またはアマゾーンと表記される事の方が一般的なようです。

スキタイやサウロマタイに関しては、スキタイそのものがアマゾネスのモデルである説や、スキタイと交わったアマゾネスの子孫がサウロマタイであるなど、答えはひとつではないようです。

ただ元々あまり馬を使わないギリシャから見たら、スキタイという騎馬民族は異様に映ったでしょうし、スキタイには女戦士も多くいたそうなので、男尊女卑の強かったらしい古代ギリシャ視点では敵役として格好のモチーフだった、というのは容易に想像出来ますね。

とはいえ現代でもいいように使われまくるアマゾネスというコンテンツ。
是非見かけたらこのようなあらましがあるんだな、と思い返していただければ幸いです。

それではまた!

▼▽ランキング参加中▽▼

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へにほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

オリジナルファンタジー小説を連載しています。

トカゲ族に滅ぼされた三匹のカエル族
日本から転移した7人の少女による冒険戦記。

三匹のカエルと七人の闇堕ち姫

下記小説サイトにて連載中です!
小説家になろう
ノベルアッププラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました