【復讐の女神ネメシス】神罰の代行者【ヒロインレビュー第16回】

ヒロインレビュー

ネメシスはギリシャ神話における神罰の代行者です。
大変に美しい女神で、粛々と神罰を下す怖い女神様でした。

そしてギリシャ神話クライマックスのある重要人物の生みの親でもあります。

今回はそんなネメシスをご紹介。
皆さまの創作の参考になれば幸いです。
ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

そもそもネメシスとはなんぞや?


ネメシスとは、神々の怒りを司る女神です。

名前の意味は「義憤
正当なる復讐や、正義感から来る憤りを現した女神です。

ネメシスは大地母神ガイアと並ぶ原初の神のひとり、夜の女神ニュクスから生まれたとされます。

そのため兄弟が多く、例えば死の神タナトス、眠りの神ヒュプノス、姉であり、運の女神テュケなど多くいます。

実はある頃、神々は人間に対して憤りを覚えていました

理由のひとつ目は、人間が道徳を守らない
あまりの民意の低さが目に余ったとのこと。

もうひとつ、神々よりも裕福な暮らしをする者が現れだしたことです。

このような憤りに対し、神罰として人間に罰を与える代行者の役を担ったのがネメシスなのです

裕福になったら罰せられるのではたまったものじゃない。
そうして金持ちはネメシスや神々に多くの貢ぎ物を献上したようです。

ネメシスは「神罰の代行者」なので、決して私怨で復讐をしたりはしません
ところが姉であるテュケとよく行動を共にするのですが、テュケは運の女神。

気に入った者には幸運を、気に入らない者には不幸を与える気まぐれの強い女神なのです。

また仮に幸運を与えられても、その恩恵を周囲に還元しない、独り占めするようではネメシスからの神罰が高確率で落ちること間違いありません。

道徳心の欠如が見える者に神罰を下す。
それがネメシスの役割だからです。



卵を産み落とす


ネメシスは美しい女神です。
どれほど美しかったかと言えば、あの最高神ゼウスが手を出したぐらい美しかったのです。

ネメシスは拒否するのですがゼウスはしつこく迫ります。
ガチョウに変身して逃げますが、白鳥に変身したゼウスに追い付かれ、交わります。

こういう話が多いけど、ゼウスは元が美しい相手なら動物に変身してても構わないという特殊性癖があるんですかね。
ちょっと理解できない。

また異説として、白鳥の姿のゼウスがネメシスの股の間に入り込んだという話も。
こっちならまだしもかな。
でもゼウスなら前者がらしいかな。

こうしてネメシスは卵を産み落とします。
鳥のまましたからね。
その卵を羊飼いが拾い、スパルタの王妃レダが育てることに。
その卵から生まれたのが絶世の美女ヘレネです。

ヘレネとは3美神(ヘラアテナアフロディーテ)により引き起こされた、トロイア戦争の切っ掛けとなった姫のこと。
誰が一番美しいか決めろと迫られたトロイアの王子パリスが、絶世の美女をくれてやると約束したアフロディーテを選んだという話です。

その時ヘレネはスパルタの王弟の妻だったのに、パリスのもとへ駆け落ちしてしまいます。
まあアフロディーテの手引きで、ですが。

そのヘレネを取り戻すため、ギリシャ中の勇士がかき集められ、その後10年に及ぶ有名なトロイア戦争が勃発するのです。

そのヘレネなのですが、実のところゼウスと卵を育てた王妃レダの娘とされています
実際ゼウスとネメシスの子ではヘレネは女神ということになりますし、あくまで人間として絶世の美女と評されているわけで。
でなければアフロディーテが黙っていないでしょう。
その場合ネメシスはこの話に関係ないことになりますがね。

まとめ

・神々の義憤から神罰を下す代行者
・私怨で復讐は絶対にしない
・鳥となってゼウスとの間にヘレネをもうけた

いかがだったでしょうか。

ゼウスたちオリュンポス神族は大地母神ガイアの系譜ですが、それとは別、夜の女神ニュクスの系譜に連なるのがこのネメシスです。

別にゼウスたちと敵対している気配はありませんが、創作アレンジとしては平和になった世界で新たな眷属として登場するニュクスの一派、などと無駄な構想をしてしまいます。

個人的にネメシスというとKONAMIのグラディウスシリーズが思い起こされます。

海外ではネメシスというタイトルでしたね。
日本でもゲームボーイではネメシスとしてシリーズ展開されました。

なんでネメシスなんだろう?

それではまた!

▼▽ランキング参加中▽▼
クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へにほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

にほんブログ村

オリジナルファンタジー小説を連載しています。

トカゲ族に滅ぼされた三匹のカエル族
日本から転移した7人の少女による冒険戦記。

三匹のカエルと七人の闇堕ち姫

下記小説サイトにて連載中です!
小説家になろう
ノベルアッププラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました