【キマイラ(キメラ)】合成魔獣の代名詞【モンスターレビュー第62回】

いろんな動物がごちゃ混ぜに合体した様をキメラ的な、とか言いますよね。
でもこれには元ネタとなった神話上の怪物がちゃんといるんです。

モンスターレビュー第62回は、元祖合成魔獣、キマイラです

キマイラはご存知ですか?

キマイラといえばゲームなどでは中堅どころの雑魚モンスターみたいに思ってませんか?
キメラといえば複数の動物の合成されたものみたいに思ってませんか?

今回はキマイラについてまとめてみました

是非皆さんの創作の参考に、読書やゲームを楽しむ味付けにご活用ください。

目次

そもそもキマイラとはなんぞや?


キマイラとは、ギリシャ神話に登場する三身一体の怪物です。

ギリシャ神話をまとめあげた叙事詩人ホメロスの『イリアス』によると、前半分は獅子、中部は牡山羊、後方に大蛇とあります。
その記述を元に紀元前5世紀に製造された銅像があるのですが、それでは獅子と牡山羊の頭が生えた、前半分は獅子、後ろは牡山羊、尾は大蛇、という風に整理されリファインが施されてます。

このデザインが現在のゲームや小説等で使われるキマイラのスタンダードと言えます。

さらにRPGの元祖『ダンジョンズ&ドラゴンズ』以降、三つ目の首としてドラゴンの頭部と、さらにドラゴンの羽根を備えたものも同じくらいよく見かけるようになりましたね。

このように複数の動物が合成された魔物はギリシャ神話やそれ以外の伝説でもよく見かけるのですが、いまや「キマイラ」もしくは「キメラ」とは正に「合成獣」の総称、または代名詞として認知されています。

ギリシャ神話全体についてはこちらの記事からどうぞ!
【ザ・神話オブ神話】5分でわかるギリシャ神話の世界【サーガレビュー第1回】



キマイラの生まれた背景


キマイラの言葉としての意味は「牡山羊」だそうです。
キマイラ(chimaera)またはキメラ、フランス語ではシメール等とも言います。

個人的にはキメラよりキマイラの方がファンタジーぽくて好きです。
キメラだとなんか特撮風というかSF味がありません?
個人の感想ですけど。

キマイラは古代ギリシャに伝わる以前にヒッタイトで作られた聖獣でした。

ヒッタイトとはギリシャ人によるミュケナイ文化より以前、メソポタミアを支配していた民族です。
この地には世界最古の神話があるのですが、征服する民族が変わる度に、内容も少しずつ上書きされていったため、時期により◯◯神話と呼び方が変わります。

聖獣としてのキマイラは3つの季節を表しており、獅子が春、山羊は夏、蛇が冬でした。

しかしギリシャ神話に輸入されるとキマイラは怪物テュポーンエキドナの子供とされます。
他にも兄弟としてヒュドラケルベロスもこの二人から生まれました。
<関連記事>
【テュポーン】ギリシャ神話の最凶ラスボス【モンスターレビュー第59回】
多産の母! 多くの怪物を生んだエキドナ【モンスターレビュー第22回】

ちなみにキマイラを差すときは基本、彼女、と言います。
性別はメスなんですね。
まあ、牡山羊含んでますけども。

キマイラの生息地はリュキア王国(現在のトルコ周辺)パセリスの街すぐそばにそびえるパセリス火山です。
この山はもともと麓に大蛇が多く、中腹には山羊がおり、山頂付近は獅子の縄張りであったと伝わります。
この辺の生息分布からキマイラという三身一体の怪物が生まれたのでしょうね。

キマイラを退治した英雄ベレロポン


キマイラは上記リュキア王国のこれまた近辺であるカリア国王アミソダスに飼われていました。
キマイラは口からを吐き、街や森を焼き尽くす恐ろしい怪物ですが、アミソダス王はリュキア国内にこのキマイラを度々放していました。

リュキア国王イオバテスとカリア国王アミソダスが仲が悪かったせいです。

しかしこのキマイラはベレロポンという英雄によって退治されます。

ベレロポンとは実は海神ポセイドンの血を引くと噂される人物です。
彼は幼少期に殺人を犯した罪で故郷を追われ、アルゴスの王宮に預けられていました。
しかしそこでも問題児ぶりを発揮し追放されます。
そうして今はリュキア国王イオバテスに預けられていました。
そのイオバテスにアルゴスの王から秘密裏にベレロポンを暗殺しちゃってくれと頼まれます。

よっぽどの問題児ぶりだったのですかねぇ。

さりとて預かった人物を表だって殺すわけにもいかず、そこでキマイラ退治をベレロポンに頼むことにします。
それで殺られれば仕方ない。
倒してくれたらそれはラッキーというわけです。

ベレロポンは二つ返事で承諾し、予言者にキマイラ攻略法を聞きに行きます。
そこで得たお告げは「天馬ペガサスに乗れ」というものでした。

しかしペガサスは暴れ馬として有名で、誰でも簡単に乗れるものではありません。
そこで戦の女神アテナにお伺いを立てると、英雄大好きアテナが「黄金の手綱」というアイテムを貸してくれます。
この手綱を使えばペガサスは言うことを聞くというのです。

このペガサスの逸話はそのままそっくり『ドラゴンクエストVI』に輸入されてますね。
森の暴れ馬ファルシオンを主人公とハッサンが捕まえ旅の馬車を牽かせるのが最初のミッションですが、終盤「てんまのたづな」というアイテムを使うことでこの馬がペガサスになるのです。
ドラクエは意外と神話ネタに忠実なんですよ。

早速ペガサスを乗りこなしキマイラの元へ向かいます。
キマイラのファイアブレスが届かない空中から何本も矢を射かけます。
キマイラが弱り始めた頃、その口の中目掛けて鉛の玉を放り込むと、ベレロポンは「勝負ッ」とキマイラに接近!
近付くベレロポンにキマイラは得意の炎を吐き出しますが、その炎により口内の鉛玉が溶け、内蔵を焼き払ってしまったのです。

こうしてベレロポンの勝利に終わりましたが、ペガサスを手に入れて調子に乗った彼が神々により手痛い仕打ちを受けるのはまた別のお話。

まとめ

いかがだったでしょうか。

キマイラというと様々な動物を組み合わせた魔獣というイメージをお持ちの方も多いと思います。
それは決して間違ってはいません。
けど別にキマイラが合成魔獣なのではありません。
合成魔獣のことをキマイラと呼ばせてもらっているんです。

ややこしいな。

今ではオリジナルのキマイラ、キメラを出すために、この元々のキマイラがあまり活躍できていない気もします。

そんななか、『ドラゴンズドグマ』は最初からキマイラがキマイラしてて初見から心奪われましたね。
なんとなくですが、あのゲームのシンボル的なモンスターとまで思います。

他にも個人的には夢枕獏先生の『キマイラ吼シリーズ』は夢中で読んでました。
発表から40年! 結局完結してませんが、目処が立てば最初からもう一度読み直したいと思いますね。
昔は本屋の棚に朝日ソノラマ文庫のこのキマイラシリーズがズラッと並んでたんですよ。どこ行っても。
そのせいかキマイラというモンスターに謎の愛着があるんですよね。

created by Rinker
Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド) 30日間無料体験
――月額980円(ひと月二冊で元がとれる)200万冊以上が読み放題。お好きな端末で利用可能。

ということで今回はここまで。

それではまた!

 

amazonの電子書籍サービスkindleなら、手軽にいつでもお探しの本が見つかるかも。
Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド) 30日間無料体験――月額980円(ひと月二冊で元がとれる)200万冊以上が読み放題。お好きな端末で利用可能。

 

ランキング参加中です。
いつも応援していただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へにほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

趣味でオリジナル冒険小説書いてます。
三匹のカエルと七人の闇堕ち姫
小説家になろう
ノベルアッププラス
Twitterで更新報告しています。

目次