人喰い魔獣マンティコアはアレンジされ放題【モンスターレビュー第3回】

モンスターレビュー
最強のデカ盛りハンター! 一国の軍隊も食べ尽くしちゃう驚異の魔獣!
獅子の体にコウモリの羽根、サソリの尻尾に老人の顔。
この魔獣に遭遇したらあなたはもうエサでしかない。美味しく食べられちゃうのです。

そういう事ってよくありますよね。
ボクも冒険者時代、よくそんな場面に遭遇しました。

モンスターレビュー第3回目は【人喰いの魔獣】マンティコア

砂漠や岩山、森林で人を喰うために襲う獰猛な魔獣マンティコア!
奴らは人間を食べるために襲ってきます!
このモンスターに遭遇したらどうすればいいのか?

弱点? 対処法?

この記事を読むと、明日からあなたも安心して、インドに旅行に行くことが出来ます。

または創作のネタとして、新たな物語を生み出すきっかけにもなるかもしれないですね。
是非最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

そもそもマンティコアとはなんぞや?


令和のわが国で一般的に知られるマンティコアとは、

・獅子の体、蠍の尾、蝙蝠の羽根、人面(合成獣キメラのジャンル)
・老人の顔なので知性がある。人語、魔法を使う。
・中堅モンスターの代表格なイメージ?
・絶対邪悪側

といったところでしょうか。

ファンタジ―作品、特にゲームでは登場する頻度が実に高いモンスターです。しかしユニコーンスライムほど一般層に名が知れ渡ってるほどではない感じ。
そしてこのマンティコア、歴史的には知識層しか知らない類でしたが、近年ではゲーム向きにアレンジされ大きく認知されたモンスターでもあります。
なぜそうなったのか?

まずはこの魔獣のルーツをたどってみましょう。

マンティコアはインド、マレーシアのモンスター

・名称はほかに「マンティコラ」「メメコレオウス」など
・意味はペルシア語で「人食い」「人殺し」
・初出は紀元前5世紀の「インド誌」
・ギリシャでは「虎」のことだろうという人もいた
・世界初のRPG『D&D』にて蝙蝠の羽根が追加された

マンティコアを人類史上最初に紹介したのは紀元前5世紀、古代ギリシャの医師クテシアスの著した『インド誌』です。
この人は従軍でペルシアに行き捕虜にされ、その後十数年ペルシア王に仕えた後に帰国した人です。
インド誌でマンティコアをインドの魔獣、人面、獅子、蠍の尾と紹介。
それに影響された知識人たちがこぞってマンティコアを紹介し始めました。
古代ローマの学者、大プリニウス『博物誌』で詳細に書かれています。

・博物誌ではエチオピアの魔獣となる
・目は藍色、歯列は三列、体は赤く、人語を解す
・笛とラッパを合わせたような遠吠えを発す

すでにアレンジが加わってますね。

更に近世の作家が創作においてますますアレンジを加えていきます。

創作の世界ではどんな扱いか

18世紀のフランスの作家フローベールによると、サソリの尾は針を弾丸のように、しかも無数に発射して敵を倒すそうです。
一本でも刺されば毒で即死するそうですよ。
軍隊も剣や槍でなく銃を使う時代、マンティコアにも遠隔攻撃させたかったのでしょうね。

そして決定的に今のイメージ像を作り出したのがRPGの元祖『ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)』のマンティコアです。

ここでついにコウモリの羽根が追加されました
マンティコアは飛行能力を手に入れたのです。
これ以後、ゲームなどフィクションの世界ではマンティコアは魔法まで使う知性と魔力を手にします。
老人の顔を持ってるんだから魔法ぐらい使うでしょうよ。

こうしてみると結構な数の設定盛られてますね。

マンティコアが登場する作品

ゲーム全般に登場します
中堅モンスターとして扱われることが多いです。
ビジュアルも大きくアレンジを加えられることは少なく、それによって各絵師の基本画力が如実に見てとれます。
逆に言うと初出の段階でかなり完成されていたモンスターなのだといえますね。

『悪魔城ドラキュラ サークル オブ ザ ムーン』
ゲームボーイアドバンスのローンチタイトル。探索型の悪魔城ドラキュラです。
主人公ネイサン・グレーブズはカードの組み合わせで特殊能力を発現できます。
その中の1枚がマンティコのカード。毒に属するカードで、鞭に毒を付加したり、周囲に毒の霧を散布したりできます。
その他登場例(主に雑魚エンカウント)
『ファイナルファンタジーIII』
<地底湖>マンティコラの名で出現
『ウィザードリィ#2 ダイヤモンドの騎士』
地下4~5階。羽のないマンティコア

まとめ

いかがだったでしょうか。
歴史は長く、声に出して言ってみたいモンスター名かなり上位の「マンティコア」でした。
世間的にはあまり馴染みがないかもしれませんが、人面や針の発射、獅子の体躯など面白い要素が結構ありませんか?
中級冒険者の相手としてふさわしいネタだと思いますので、ぜひご活用いただけたらと思います。
突き詰めればまだまだ進化したアレンジを生むことが出来るかもしれませんしね。

あなたのファンタジーな創作にひとつ、登場させてみてはいかがでしょう?
そのときは是非教えてくださいね。

それではまた!

▼▽ランキング参加中▽▼
クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へにほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

にほんブログ村

オリジナルファンタジー小説を連載しています。

トカゲ族に滅ぼされた三匹のカエル族
日本から転移した7人の少女による冒険戦記。

三匹のカエルと七人の闇堕ち姫

下記小説サイトにて連載中です!
小説家になろう
ノベルアッププラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました