最大級の大妖怪! 九尾の狐は絶世の美女【モンスターレビュー第20回】

モンスターレビュー

男を王にし、堕落させ、国を亡ぼす。
傾国の美女」と言えば……枚挙に暇がありません。

しかし、九本の尻尾を持つと言えば、あの大妖怪が浮かんできます。

モンスターレビュー第20回はミス・ワールドワイド九尾の狐です

大変有名で、超強くって、雑魚扱いなど微塵もされない。
それでいて妖狐としての戦闘力よりも、むしろ美女に変化しての謀略の方が恐ろしいという。

強くって、賢くって、美しい。

なんとも恐ろしいモンスターですね。

こんなモンスター退治できるんでしょうか?
実は、まだあるところに潜んでいるんですよね……

少し情報量多めですが、この記事だけ読んでおけば九尾の狐はだいたい抑えられるかと
最後までお読みいただけると幸いです。

それでは今日も一緒に創作ネタを学んでいきましょう!



そもそも九尾の狐とはなんぞや?


白面金毛九尾の狐。
九つの尾を持つ狐の妖怪です。
長く生きた狐が一本ずつ尾が増えて、九本になった時が最大です。

また中国では狐は50年生きると女性になり
100年生きると美女になり
1000年生きると天狐となり、神と同等の力を有すると言います。
んで、その天狐になるには大量の精が必要なので、美女に化けて人間の国をたらし込むのだそうです。

中国では狐の精が信じられており、霊力は尾にあるとされていました。

中国の漢の時代までに書かれた地理書『山海経』によると、「九つの尾と九つの首、虎の爪を持つ狐のような妖怪が青丘国におり、人間を喰う」とあります。

青丘とは「せいきゅう」または「しょうきゅう」と読み、実在の土地というよりも東方を観念的に表したものだそうです。
ただ山東省である山東半島(シャントンはんとう)であるとか、唐の時代には朝鮮の左上辺りの遼東半島(リャオトンはんとう)だとし、さらに朝鮮まで含めるようになりました。
現在では遼東半島にある大連を指すという研究もあるそうです。
わりと日本に近い印象ですよね。

一般より「多い」ということは単純に「強い」と考えられたため、尾の本数が多ければ多いほど強いという想像が生まれたわけです

ところで「九つの首」の部分は廃れていったようですね。
この部分を強調すれば独自の創作ネタとしてアレンジ効きそうです。

どこの妖怪?


お伝えしてますとおり、九尾の狐は古代中国発祥でございます。
後述しますが、この妖怪は日本にも大変ゆかりのある為、日本の妖怪と思われる節も見受けられます。
しかしそんなことはありません。
この狐の大妖怪はアジア一帯をまたにかけるものなのです。
それだけ人間界に影響を与えたこの妖怪、恐ろしさはその戦闘力ではなく、人心を惑わす奸智にあります。
しかし最初からそうだったわけではないのです。

瑞獣(たんじゅう)」といって、中国では吉兆を伝える神獣であったのが始まりです。

夏王朝のはじまり


夏王朝とは中国最古の王朝です。
あの殷よりも一個前です。
実存が最近になって確認できたかな、てぐらいあやふやな感じですが。

禹(う)という人物は父の跡を継いで黄河の治水工事に尽力し成果を上げた人物です。
仕事に没頭するあまり婚期を逃し、中年になっても独り身でした。
令和の日本なら普通ですけどね
この当時流行っていた歌があって、九尾の狐を見ると王になり、塗山(山ではなくて地域の名称)の娘と結婚すると家が繫栄する、というものです。
そして禹は女嬌(じょきょう)という名の娘と結婚し、当時の帝から後を継ぐよう言われて、夏王朝を開いたという事です。
夏王朝、最古のはずだけどその前に帝がいたんね
いまでイメージする王朝とは違うと思うし、そこはもう神話の時代なのでセーフでしょうか。

ちなみに禹の跡を継いだのは息子の啓。
これは中国最古の世襲であるとされています。

この話の九尾の狐は何も悪さしてませんね。
まだ天狐を目指す前なのでしょうか。

殷王朝を滅ぼした妲己


ここから凄惨な歴史の幕あけです。
紀元前17世紀、先の夏王朝を滅ぼした殷(商)王朝
それから600年ほど過ぎた紂王の時代
名君として才気あふれていた紂王に、有蘇氏から降伏の証として娘が献上された。
それが妲己(だっき)です。
ですがこの際、中国の女神女媧(じょか)に無礼な発言をした紂王を懲らしめるため、妖狐が妲己に憑りついたと言われます。
後は有名な話ですが、妲己におぼれた紂王が国政をないがしろにして放蕩三昧。
酒の池に肉を吊った木の庭での「酒池肉林」や、油を塗った銅柱に火をつけ抱かせる「炮烙の刑」など。
残虐な遊びが後を絶ちません。
やがて西方を治める武王に討たれて殷は滅亡します

このお話は明の時代に『封神演義』として描かれた中国四大奇書のひとつに数えられます。
作中では仙人がファンタジーな戦いを繰り広げる物語ですが、実は九尾の狐とは書かれていないそうです。
でも狐は狐だし、その後は普通に九尾の狐として扱われていますね。


さらにちなみにこの紂王の暴虐は史実かどうかはわかりません。
その後の周王朝が討つために都合よくでっち上げたという可能性もあるかもしれないですしね。

周の幽王を翻弄した褒姒


殷の次、周王朝の12代目幽王は、ひとりの女を寵愛したため、后と太子を捨てこの女に傾倒した。
その女が褒姒(ほうじ)です。
彼女は竜を体内に宿した少女がひとりで産んだとされ、褒国の貧しい夫婦に拾われ育てられ、やがて褒国から貢物として幽王に送られた。
その美貌に目を奪われた幽王は彼女の関心を引こうとあの手この手を尽くすが、彼女は決して笑わない
あるとき緊急を知らせる狼煙と太鼓を打ったところ、各地の諸将が慌ててはせ参じたが、実際は何事もなかった。
だがその慌てぶりに褒姒がついに笑うと、幽王は何度も同じことをして彼女を笑わせ諸将を怒らせた

あるとき本当に軍勢が攻め寄せてきた。
攻めてきたのは幽王が捨てた后の父の軍勢だった。
慌てて緊急招集を掛けるがもう誰もやって来ることはなく、幽王はあわれ惨殺されてしまいましたとさ。

オオカミが来たぞ、的なね。
こちらも直接の記述はないけど九尾の狐の逸話に列挙されます。

天竺で百人の王の首をねだった華陽夫人


殷の妲己から抜けると遠く天竺(インド)へ落ち延びます。
天羅国班足(はんぞく)王に気に入られます。
僧侶を1000人柵の中に押し込めると獅子を放ち食わせたり、近隣の王100人の首をねだったりしました。
それに応えられる班足王も悪鬼のように強い男だったのですが、信心深い隣国の王が読経を始めると九尾の狐の正体がバレ、逃げ出しました。

そして舞台は日本へと移ります。

ついに討たれた玉藻前


長かった九尾の狐の旅ももうすぐ終わりです。

時代は流れ735年
遣唐使、吉備真備(きびのまきび)の船に密航し日本に渡ると、なんと300年以上もどこかに潜伏してしまいます。
そして時代は平安末期
鳥羽上皇の宮女でありながら寵愛を受けた女がいました。
九尾の狐こと玉藻前(たまものまえ)です。
だんだんと病に伏せるようになる鳥羽上皇(このころは法皇かな)を見舞った陰陽師の安倍泰成(あべのやすなり)が正体を見破ります。

安倍泰成はあの安倍晴明から5代過ぎた陰陽師です。凄腕です。

逃げた玉藻前を追う討伐軍が編成され、下野(しもつけ)の国、那須野にてついに退治されました。

この玉藻前は江戸時代など歌舞伎や能の題材となった創作ですがモデルはいます。
鳥羽上皇の后である藤原得子(とくし/なりこ)です。
この辺の人物相関や血縁関係は入り乱れているので理解は難しいのですが、とにかく自分の子を天皇にしようと謀略を尽くしたんです。
その結果、崇徳天皇を菅原道真、平将門と並ぶ日本三大怨霊に仕立て上げてしまいました。

この辺りは大河ドラマの『平清盛』が見ていて面白かったですね。

その後の九尾の狐


さて、ついに討ちとられた九尾の狐ですが、事態はまだ収束しませんでした。

那須野で討たれた九尾の狐ですが、その体は巨大な石となり周辺に毒をまき散らしたのです。
近づく者を死に至らしめる「殺生石」へと変化したのですね。

ところがこの殺生石、玄翁(げんのう)と名乗る和尚が見事粉々に打ち砕くことで鎮めてみせたというのです。
トンカチのことゲンノウって呼ぶ謂れはここから来てるそうですよ。
DIY好きな人にしか伝わらんかな?

さて下野の国とは現在の栃木県です。
栃木県那須町湯本にはまだこの「殺生石」が史跡として残っているそうですよ。
でも今は大丈夫ですから安心してくださいね。

※2022年3月6日追記
この殺生石ですが、なんと割れてしまったという事です。
関係者によると数年前からひび割れを確認していたそうで、今回は自然に割れたと推測されています。
しかし、まさかと思いますが、相手は大妖怪ですからね。
1000年の時を超えて、なんてことももしかしたら……
殺生石 真っ二つ 以前からひび、自然現象か 那須(参照 下野新聞SOON)



九尾の狐の出てくる作品

枚挙に暇がない!
とにかく数多くの作品に登場します。
しかもそのエピソードゆえにほぼ雑魚扱いはされません。
ボスクラス、または味方レギュラークラスがほとんどです。
いくつか絞ってご紹介させていただきます。

『うしおととら』
もう絶対にコレでしょう!
バケモノを払う獣の槍を持つ少年潮(うしお)と火と雷を操る化物のとらが戦うラスボスです。
白面の者と呼ばれる九尾の狐は最強のバケモノとして日本全土を陥れます。
ちゃんと中国、インド、平安の日本でのエピソードを踏まえてます。
アレンジ効いてますが。
このマンガのすごいのはなんといってもその最終決戦。
主役たちと妖怪たちだけでなく、日本政府や自衛隊、アメリカ、全国民をきっちり巻き込んで盛り上げてくれます。
妖怪ものが好きなら今でも絶対に外せない逸品です。
『封神演義』
藤崎竜先生のマンガ版の事です。
主人公太公望が仙人の武具である宝貝(パオペエ)と多くの仲間を駆使して仙女妲己と殷王朝相手に戦うマンガです。
古代中国が舞台ですが全体的にSFチックです。
女媧まで出てきます。
妲己は敵ですがジャンプ屈指のヒロインでもあります。
あとハンバーグ。
『Fate/EXTRA』
FateシリーズのうちPSPで発売されたのがこのエクストラです。
三人のサーヴァントからひとりを選ぶのですが、キャスター枠が玉藻前ですね。
狐耳の女の子です。
キャス狐と呼ばれ親しまれていました。
ゲームでは……すいませんセイバールートしかプレイしてません。


他にも多数いるはずです。
この部分はいずれまた追加していきたいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

もう情報量が多すぎて書くのが大変でした。
中国の歴史や地理も調べるのでほんとに大変でした。
だからこそ、この記事だけ読めばだいたいのところはつかめると思います。

これだけご紹介したエピソードなんですが、実は、全部フィクションなんですよね。
当然ですよね、すいません。

けど例えば殷王朝の崩壊や、鳥羽法皇の病や継承問題は事実であるわけで。
後の文学などでそこが融合されて今日まで語り継がれているんですよね。

これって創作におけるヒントとも取れませんでしょうか?

まだまだ九尾の狐は創作界では大活躍してくれるはずです。
皆さんの手で新たな九尾の狐を生み出してはみませんか?

その時は是非教えてくださいね。
それではまた!

▼▽ランキング参加中▽▼
クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へにほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

にほんブログ村

オリジナルファンタジー小説を連載しています。

トカゲ族に滅ぼされた三匹のカエル族
日本から転移した7人の少女による冒険戦記。

三匹のカエルと七人の闇堕ち姫

下記小説サイトにて連載中です!
小説家になろう
ノベルアッププラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました