【バジリスク】そして蛇から鶏へ【モンスターレビュー第50回】

その姿を見たものは死ぬ。
リビアの砂漠に棲息する小さな蛇はバジリスク
ギリシャ語で「小さな王」を意味する冠状のトサカを持った恐ろしい怪物だ。

モンスターレビュー第50回は邪眼の使い手バジリスクです

バジリスクはご存知ですか?
数年前にはアニメにまでなった忍者マンガがありましたが、それではありません。
冒頭でお伝えしたような、悪魔のような蛇のことです。

このお方、実は古代から中世にかけて名前も姿も変化していきます。
それは今でもお馴染みのモンスターなのですが。

今回も是非最後までお読みいただけると幸いです。

目次

そもそもバジリスクとはなんぞや?


西暦77年、ローマの博物学者こと大プリニウスの著した『博物誌』によれば、

・アフリカはリビアの東、キレナイカ地方の砂漠に棲息する
・頭部に白い王冠のような形をした印がある蛇。
・体長24センチメートル、上体を起こして前進する。
藪を枯らし、草を焼き、石を砕く息を吐く
・即死級の毒を持っており、槍で突いてもその槍を伝い持ち手にまで毒が感染する。
・名前の由来はギリシャ語で「小さな王」バジリスコス

このように紹介されていました。

バジリスクといえば石化の印象がありますが、元々はです。
飛ぶ鳥すらも落としたとされるほど強力な毒のブレスが、その規格外の恐ろしさからあのメデューサを思い起こされ、バジリスクも石化(のように見えるほどの即死攻撃)持ち、というイメージが定着しました。

<関連記事>
衝撃の事実! 恐ろしき怪物メデューサは、実は美しき女神さまだった【モンスターレビュー第40回】

一説では砂漠が広がるのは石化ブレスを持つバジリスクのせいだとする話もあるとか。

また恐ろしさは誇張され、邪眼による視線だけで人を死においやるとまでされました

こんな恐ろしいモンスターはどのように生まれてくるのでしょうか?

・バジリスクは雄鶏が生んだ卵から孵化すると言われます。
・もしくは鳥の卵を蛇が温めるとバジリスクとして生まれるとされます。
・もしくは地中に数百年埋もれたワニの卵から生まれるとされます。

人間にはその誕生を止めることは出来そうにないですね。
ちなみにプリニウスの言うバジリスクとはコブラのことではないかと言われています。

対バジリスクの対処法


なんとも出会いたくないバジリスクではありますが、意外にも弱点は多いです。

なんと天敵と呼べる動物がいるのです。
それはイタチです。
イタチの匂いが苦手らしく、イタチの巣穴にバジリスクを放り込むと、イタチは死んでしまいますがバジリスクも死んでしまうそうです。

また毒から邪眼による即死攻撃持ちとされたバジリスクですが、こちらも前述のメデューサ同様、視線を反射してやれば自滅してしまいます。

キリスト教圏ではバジリスクは悪魔的扱いであり、彫刻などで水晶の壺を構え戦う騎士の像があったりします。
そしてなんとあのマケドニアの英雄アレクサンドロス大王も盾に嵌めた鏡で反射してバジリスクを退治したという逸話があるそうです。

また原因は不明ですが、雄鶏の鳴き声が苦手とされます。
コケコッコーって叫べば難を逃れられるかもしれませんね。

中世で蛇から鶏に変化


バジリスクは蛇だとお伝えしてきましたが、一説によれば8本足のトカゲであるともされています。

とにかく中世にもなるとその恐ろしい逸話は更に誇大化していきます。
ただそうなるとその存在に懐疑的な人物も現れます。
スペインの外交官で詩人でもあるケペードは、なぜそれほど恐ろしい怪物の話が広まるのか疑問に思います。
そんな危険な怪物を目撃した者が生きているはずがないし、死んだのなら伝わることもない。
要するに存在しないのだ。

さて、バジリスクは文献などで紹介されていったわけですが、イギリスなどでバジリスクは「バジリコック(basilicok)」と表記されていました。
このcokから雄鶏が強くイメージされました。

だってそうですよね。

バジリスクが生まれるのに雄鶏が生んだ卵からというのや、弱点に雄鶏の鳴き声というのがありましたよね。

この辺が混同し、バジリスクから新たなモンスターが創造されました。

もうおわかりですよね。
それはコカトリスです。

という訳で、世界三大石化モンスター最後の一匹、次回「コカトリス」へと解説は続きます。



バジリスクの出てくる作品

『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』
ベラヌール周辺に出没する毒を持ったヘビのモンスター。表記はバシリスク。
下位に色違いのキングコブラがいるあたら、プリニウスの『博物誌』感がありますね。
『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』
赤いトサカを持ったヘビ。そのまま「とさかへび」は典型的なバジリスクのイメージ。
とさかへびというネーミング、実にドラクエ的だけれど、モンスターというより動物的でかっこよくはないですよね。
だけど実はドラクエって原典に忠実なデザインが多いんです。
ブロードソードをはがねのつるぎとする辺りが国民的RPGにのしあがった1つの要因でもあるので、オシャレな感じは置いていくしかないのです。
それに上述のバシリスクってすでに使用してますしね。
ドラクエは1と2に神話的モンスター名だいぶ消費してしまったので仕方ない。

まとめ

いかがだったでしょうか。

どっちかというと雑魚モンスター扱いが多いですが、実在したら災害級に報道されること間違いなしな石化モンスターですよね。
そして同じく石化がアイデンティティのメデューサが与えた影響までありました。
さらにこいつから派生するコカトリス

調べたら調べただけ面倒な奴ですよ。

しかしこうやってモンスターは創造されていくというひとつの例でもありますね。

皆さんの創作に役立つヒントにでもなりましょうか。

それではまた!

 

amazonの電子書籍サービスkindleなら、手軽にいつでもお探しの本が見つかるかも。
Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド) 30日間無料体験――月額980円(ひと月二冊で元がとれる)200万冊以上が読み放題。お好きな端末で利用可能。

 

ランキング参加中です。
いつも応援していただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へにほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

趣味でオリジナル冒険小説書いてます。
三匹のカエルと七人の闇堕ち姫
小説家になろう
ノベルアッププラス
Twitterで更新報告しています。

目次